北海道の電気代2017年05月|オール電化の生活

 

オール電化住宅のむっちー家です。

今月は前年同月と比べて、2284円削減できました。

 

いよいよエコキュートを導入、料金プランを「eタイム3プラス」へと変更しました。高騰するばかりの電気料金を少しでも抑えるため奮闘中!

それでは、今月も電気料金を公開していきますよ。

 

ぜひ先月の記録もご覧くださいね。

 

5月[2009-2017]の電力消費量・電気料金

今月の実質負担額

  • 電気料金:2万3081円
  • 売電:8640円

 

 ⇒電気料金の実質負担額 1万4441円

 

  • 太陽光発電:2万0444円

 ⇒実質負担額+設備費 3万4885円

 

むっちー家の条件

  • 居住地:北海道札幌市
  • 住宅:木造2階建て・築7年
  • 暖房設備:ヒートポンプ式温水暖房機 10KVA
  • 太陽光発電:2.22kW
  • 家族構成:5人家族(小学生2人・未就園児1人)

 

 

前年同月との比較

2016年と2017年の、電力消費量と電気料金を比較します。

 

eタイム3プラスは暖房用も含めた料金プランです。

これまでのドリーム8とホットタイム22ロングは、電力消費量と電気料金をそれぞれ合算したものに変更しました。

 

今月の電力消費量は8.8%の削減になりました。 

晴れ間のない日が続くと、朝晩に少しだけ暖房を使用しています。来月分からは「暖房」という概念がなくなるため、今まで二重に支払っていた基本料金の分だけでも違ってきますね。

 

電気料金は12.0%の削減で、前年より1285円安くなっています。三女の検査入院が4泊5日でありましたが、それでどの程度変わったでしょうか。

 

電気設備を入れ替えたので、ローンの項目に「エコキュートローン」が1つ増えています。支払い開始は来月以降になる予定です。

電気料金の項目は、5月が3つ(ドリーム8・ホットタイム22ロング・eタイム3プラスの日割り計算)になり、6月からeタイプ3プラスへ1本化されます。

 

家計簿2017年04月|5人家族の生活費内訳

 

過去7年間の推移

上記の表から 7年分のデータをグラフ化しました。

居住を開始した2009年、太陽光発電を設置した2010年は抜いています。

 

2011年と2013年の電力消費量が飛びぬけているのは、暖房費がかかったためです。

雪が降る年もあれば、半袖で過ごせる年もある北海道の5月。その年によって差は大きくなりますよ。

左軸:電気料金 右軸:電力消費量

 

基本料金の比較

  • ドリーム8:1365.0円
  • ホットタイム22ロング:最低使用期間 3843.0円/期間外 1701.0円
  • eタイム3プラス:3175.2円

 

月々で比較すると、これまでの暖房未使用期間(7~9月分)は基本料金が高くなります。通年で考えるとお得なんです。

 

太陽光発電の結果

今月の売電(余剰)は180kWhでした。

やはりお天気の悪さが影響しています。まだまだ日の長い季節、暑くなってくると発電効率は落ちますが、これからのお天気に期待します。

 

最後にまとめ

8月に控えた三女の手術入院まで、3ヶ月になりました。

お外遊びの大好きな三女なので、お天気のいい日はたくさん遊ぼうと思っています。

 

睦
レジャーもこの期間に詰め込み!

 

新しい電気料金になって、初めて過ごす1ヶ月がとても楽しみです。

気を引き締めて頑張ります!睦でした(*ゝωδ)⌒☆

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。一戸建てマイホームでの生活、ギャンブル依存症の夫と離婚するまでの2年間の記録。