スポンサーリンク

北海道の電気料金2017年06月|一軒家での記録まとめ

オール電化の電気料金, 北海道の生活, 太陽光発電

 

我が家はオール電化住宅です。

2017年5月にエコキュートを導入、料金プランを「eタイム3プラス」へと変更しました。高騰するばかりの電気料金を少しでも抑えるため奮闘中!

 

ぜひ、先月の記録もご覧くださいね。

関連記事

>>>北海道の電気料金2017年05月|一軒家での記録まとめ

 

6月[2009-2017]の電力消費量・電気料金

 

  • 居住地:北海道札幌市
  • 住宅:木造2階建て・築7年
  • 暖房設備:ヒートポンプ式温水暖房機 10KVA
  • 太陽光発電:2.22kW
  • 家族構成:5人家族(小学生2人・未就園児1人)

 

f:id:mutchyplus_xxx:20171221111112j:plain

 

[これまでの流れ]

  • 2009年10月:居住開始
  • 2010年7月:太陽光発電の設置
  • 2013年9月:値上げ①
  • 2014年11月:値上げ②(軽減措置あり)
  • 2015年4月:値上げ③(軽減措置終了)
  • 2016年2月:三女退院
  • 2017年5月:電気設備の入れ替え・料金プランの変更

 

[料金プラン]

  • 2009年10月から:ドリーム8・ホットタイム22ロング
  • 2017年6月から:eタイム3プラス

 

※夫の単身赴任:2013年4月から6月、10月から2014年3月まで。

 

前年同月との比較

2016年と2017年の、電力消費量と電気料金を比較します。

 

今月の電力消費量は58.0%の削減になりました。 

 

電気料金は23.9%の削減で、前年より3342円安くなっています。

エアコンのない我が家では、「洗濯物が乾く程度」まで室温を上げたり、空気を乾燥させるために、6月になってもまだまだ暖房を使う日がありました。

 

担当者Yさんに確認したところ、給湯機のランニングコストは60%カットとほくでんが発表しているそうです。それを受けて設定を40%に変更しました。

 

次に暖房器ですが、こちらの情報はやはり少ないです。

Yさんも「ほくでんから”トータルで74%程度まで削減できるだろう”と、発表されているので」と言っていました。

先日出してもらった試算の数字に寄せていくと、71%程度で数字が合ってきました。

 

北海道のオール電化|エコキュート導入に向けた料金プラン比較 – TEKU⁺

 

非常にザックリとした試算だったので、今となっては検討違いの金額です。いったんなかったことにしてください(笑)

ある程度データが出揃ったところで、再度検証してみようと考えています。

 

今月は我慢せずに使ってみましたが、担当者Yさんから聞いていた数字に近いところまでいきました。意識して節電していけば、まだまだカットできる部分はありますね。

 

過去7年間の推移

上記の表から 7年分のデータをグラフ化しました。

居住を開始した2009年、太陽光発電を設置した2010年は抜いています。

 

2011年と2016年の電力消費量が飛びぬけているのは、暖房費がかかったためです。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20171125173814j:plain

左軸:電気料金 右軸:電力消費量 

 

電力消費量の激減に、エコキュートの省エネ力を見せつけられました。

とはいえ悪天が多かったことで、DVD・ゲーム三昧ではありましたから節電とは程遠いですね。

 

太陽光発電はお天気の影響が大きい

今月の売電(余剰)は150kWhでした。

 

お天気に恵まれた6月は200kWh前後の売電になります。

それを考えるとかなり厳しい結果ですし、日中の電力消費量(DVD・ゲームなど)に取られている分が悔しくもありますね。

 

家計への負担について

 実質負担額は以下のようになりました。

 

電気料金:1万0659円

売電:7200円

 ⇒ 電気料金の実質負担額 3459円

 

太陽光発電:2万0444円

エコキュート:1万2043円

 ⇒ 実質負担額+設備費 3万5946円

 

設備費込みですが、前年同月より9805円の支出増です。

エコキュートの設備費の支払い額よりも2238円減、というあたりは評価できますね。

 

これからのお天気は回復傾向とのことです。

夏休みになれば電力消費も激しくなりますから、それまでの1ヶ月は節電を意識して過ごしてみようと思います。

 

ますます気を引き締めて頑張ります!

The following two tabs change content below.
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」

スポンサーリンク

Posted by