スポンサーリンク

北海道の電気料金2017年08月|一軒家での記録まとめ

オール電化の電気料金, 北海道の生活, 太陽光発電

 

我が家はオール電化住宅です。

2017年5月にエコキュートを導入、料金プランを「eタイム3プラス」へと変更しました。高騰するばかりの電気料金を少しでも抑えるため奮闘中!

 

ぜひ、先月の記録もご覧くださいね。

関連記事

>>>北海道の電気料金2017年07月|一軒家での記録まとめ

 

札幌の今年の夏は、とても過ごしやすいまま通り過ぎていきました。

 

朝から晩までゲーム三昧の夏休みを過ごした姉ちゃんズも、新学期が始まっています。課題が終わらず終盤にバタバタしていたというのに、義両親に新しいソフトまでおねだりしていた次女。

>>>スプラトゥーン2同梱版の購入とどっきり大作戦|NINTENDO SWITCH(ニンテンドースイッチ)

 

私が付き添い入院に入っている今、いったいどうなっていることでしょうか。 

 

 

8月[2009-2017]の電力消費量・電気料金

 

  • 居住地:北海道札幌市
  • 住宅:木造2階建て・築7年
  • 暖房設備:ヒートポンプ式温水暖房機 10KVA
  • 太陽光発電:2.22kW
  • 家族構成:5人家族(小学生2人・未就園児1人)

 

f:id:mutchyplus_xxx:20171221111031j:plain

 

[これまでの流れ]

  • 2009年10月:居住開始
  • 2010年7月:太陽光発電の設置
  • 2013年9月:値上げ①
  • 2014年11月:値上げ②(軽減措置あり)
  • 2015年4月:値上げ③(軽減措置終了)
  • 2016年2月:三女退院
  • 2017年5月:電気設備の入れ替え・料金プランの変更

 

[料金プラン]

  • 2009年10月から:ドリーム8・ホットタイム22ロング
  • 2017年6月から:eタイム3プラス

 

※夫の単身赴任:2013年4月から6月、10月から2014年3月まで。

 

前年同月との比較

2016年と2017年の、電力消費量と電気料金を比較します。

 

今月の電力消費量は49.7%の削減でした。

 

電気料金は0.4%の増加で、342円高くなりました。

この数ヶ月過ごしてみてわかったのは、eタイム3プラスという料金プランが力を発揮するのは、真冬のさむーい時期 だということですね。

 

過去7年間の推移

上記の表から 7年分のデータをグラフ化しました。

居住を開始した2009年、太陽光発電を設置した2010年は抜いています。

 

この季節の電力消費量は、比較的安定しているようです。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20171124225330j:plain

左軸:電気料金 右軸:電力消費量 

 

太陽光発電もボチボチ

今月の売電(余剰)は188kWhでした。

雨の日は多くなかったはずなので、本来であればもう少し伸びてもよさそうです。テレビとゲーム機に相当持っていかれましたね。

 

家計への負担について

実質負担額は以下のようになりました。

 

電気料金:9156円

売電:9024円

 ⇒ 電気料金の実質負担額 132円

 

太陽光発電:2万0444円

エコキュート:1万2043円

 ⇒ 実質負担額+設備費 3万2619円

 

金額が買電 ≦ 売電になれば、残るは設備費のみですね。

 

私と三女が不在になれば、平日は昼間の電力消費を抑えることができるでしょう。

晴天続きならば言うことなしですね!

 

入院は医療費以外の出費がかさみます。

ここはぜひとも、残っている家族と太陽光発電の両方に頑張ってほしいところです。

 

入院中は育児ブログと、instagramが中心になる予定です。

さぁ、頑張っていきましょう!

The following two tabs change content below.
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」

スポンサーリンク

Posted by