北海道の電気代2018年01月|オール電化の生活

 

オール電化のむっちー家です。

今月は前年同月と比べて、1万2588円削減できました。エコキュートの設備費を上回っているという理想的な結果になっています。

電気料金が4万円台になったのは、夫が単身赴任中だった2014年以来です。

 

2017年5月にエコキュートを導入、料金プランを「eタイム3プラス」へと変更しました。高騰するばかりの電気料金を少しでも抑えるため奮闘中!

それでは、今月も具体的に掘り下げていきますよ。

 

ぜひ先月の記録もご覧くださいね。

 

1月[2009-2018]の電力消費量・電気料金

今月の実質負担額

  • 電気料金:4万9554円
  • 売電:384円

 

 ⇒電気料金の実質負担額 4万9170円

 

  • 太陽光発電:2万0444円
  • エコキュート:1万2043円

 

 ⇒実質負担額+設備費 8万1657円

 

むっちー家の条件

  • 居住地:北海道札幌市
  • 住宅:木造2階建て・築8年
  • 暖房設備:ヒートポンプ式温水暖房機 10KVA
  • 太陽光発電:2.22kW
  • 家族構成:5人家族(小学生2人・未就園児1人)

 

 

前年同月との比較

2017年と2018年の、電力消費量と電気料金を比較します。

 

1月は、電力消費量が1年でもっとも多い月になります。

帰省のため丸2日ほど留守にしましたが、セントラルヒーティングなので暖房はつけたままでした。温水暖房機の湯温は11月の設定変更以来60℃のまま、パネルヒーターの室温設定も22℃で固定しています。

 

今月の電力消費量は40.8%の削減、先月よりは多少取り戻すことができました。 冬休み期間中の電力消費量は割増しになるものですが、これがエコキュート効果でしょうね。

電気料金は20.1%の削減となりました。

 

過去8年間の推移

上記の表から 8年分のデータをグラフ化しました。

居住を開始した2009年、太陽光発電を設置した2010年は抜いています。

 

2014年に電力消費量が減っているのは夫の単身赴任、2016年に減っているのは私が三女の付き添い入院中だったためですね。

左軸:電気料金 右軸:電力消費量

 

太陽光発電の結果

今月の売電(余剰電力)は8kWhでした。

 

この寒さですから、1月と2月は0kWhにならなければいいんです。期待していないのでサクッと次にいきましょう!

 

ゲーム機とDVDプレイヤーの限界

8月の入院・手術から、思うように外出できない期間が5ヶ月になりました。

DVDの連続再生も仕方がないと諦めているのですが、リビングに設置してあるDVD再生専用プレイヤーの調子がおかしくなりつつあります。三女のイタズラと酷使が原因ですね。

 

そして2013年12月購入のwiiUも、ゲームパッドが壊れました。

現役のソフトもありますし修理も検討しましたが、ゲーム時間も以前よりは減ってきたので手放します。NINTENDO SWITCH(ニンテンドースイッチ)があってよかったね。

 

待機電力は微々たるものですがチリツモ、節電は心がけが大切です。

DVDプレイヤーも壊れたら処分しますよ。

 

最後にまとめ

引き続き、防寒グッズでの寒さ対策も取り入れていますよ。

 

あと2ヶ月、お彼岸が過ぎたら春が近づいてきますね。

もうひと踏ん張りします!睦でした(*ゝωδ)⌒☆

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。一戸建てマイホームでの生活、ギャンブル依存症の夫と離婚するまでの2年間の記録。