北海道の電気代2018年07月|オール電化の生活

 

オール電化のむっちー家です。

今月は前年同月と比べて、何と1251円増えています。過去9年間で7月に1万円を超えた月はありませんでした……ショック。

 

2017年5月にエコキュートを導入、料金プランを「eタイム3プラス」へと変更しました。高騰するばかりの電気料金を少しでも抑えるため奮闘中!

それでは、今月も具体的に掘り下げていきますよ。

 

ぜひ先月の記録もご覧くださいね。

 

7月[2009-2018]の電力消費量・電気料金

今月の実質負担額

  • 電気料金:1万0065円
  • 売電:6240円

 

 ⇒電気料金の実質負担額 3825円

 

  • 太陽光発電:2万0444円
  • エコキュート:1万2043円

 

 ⇒実質負担額+設備費 3万6312円

 

むっちー家の条件

  • 居住地:北海道札幌市
  • 住宅:木造2階建て・築8年
  • 暖房設備:ヒートポンプ式温水暖房機 10KVA
  • 太陽光発電:2.22kW
  • 家族構成:5人家族(小学生2人・未就園児1人)

 

 

前年同月との比較

2017年と2018年の、電力消費量と電気料金を比較します。

 

今月の電力消費量は19.5%の増加この時期にしては夜間の電力使用量が多いです。

先月のように、夫のシャワーが多かったということはありませんでした。

 

睦
湯張り温度が春先から変わらないので、それが原因かな?

 

電気料金は14.2%の増加となりました。

 

過去8年間の推移

上記の表から 8年分のデータをグラフ化しました。

居住を開始した2009年、太陽光発電を設置した2010年は抜いています。

 

「今年は雨ばかりで寒い」とぼやいてはいましたが、これほど影響するとは思わず。エコキュートにしていなかったらどのくらいだったのか。

左軸:電気料金 右軸:電力消費量

 

太陽光発電の結果

今月の売電(余剰電力)は130kWhでした。

 

過去の平均は188kWh。

売電単価48円なので、単純に48円×(188-130kWh)=2784円。電力料金も1251円増えているのでダメージ大です。

2784円+1251円=4035円、電気代としては大きい金額ですよね?

 

平均気温と日照時間について

2017年と2018年の平均気温と日照時間について、気象庁 | 過去の気象データ検索でざっくりと数字を拾いました。

比較してみると平均気温に大きな差はなく、問題はやはり長雨。

 

日照時間が84時間も短かったことが発覚!

平均より58kWh発電量が落ちたことも、データを見ると納得せざるを得ませんね。「寒い」と感じるのは、恐らく気温よりも体感温度だったんです。

 

最後にまとめ

雨の合間を縫って公園遊びも頑張ったというのに、このありさまです。

テレビとDVDの視聴時間は圧倒的に短くなっているはずなのに……ただし、シャボン玉の消費が激しくてそれもいかがなものかと。

>>>【三女】フォンタン循環1年目/不機嫌すぎる1日。 | はっちゃき娘ズplus☆

 

 

家計が苦しくなる長期休業、夏休みの到来です。

食費・電気代・水道代あたりにバチコーン!と影響が出るので、今からガクブルものですが元気に乗り越えられるといいなぁ。

 

さて、また1ヶ月頑張ります。睦でした(*ゝωδ)⌒☆

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。一戸建てマイホームでの生活、ギャンブル依存症の夫と離婚するまでの2年間の記録。