北海道の電気代2018年10月|オール電化の生活

 

オール電化のむっちー家です。

今月は前年同月と比べて、2507円減っています。今年はずいぶんと暖かい秋が続いているので、セントラルヒーティングの電源を入れずに済んでいるからですね。

10月に入ってもエアコンでOK、家計に優しい秋バンザイ!

 

2017年5月にエコキュートを導入、料金プランを「eタイム3プラス」へと変更しました。高騰するばかりの電気料金を少しでも抑えるため奮闘中!

それでは、今月も具体的に掘り下げていきますよ。

 

ぜひ先月の記録もご覧くださいね。

 

10月[2009-2018]の電力消費量・電気料金

今月の実質負担額

  • 電気料金:1万0867円
  • 売電:6768円

 

 ⇒電気料金の実質負担額 4099円

 

  • 太陽光発電:2万0444円
  • エコキュート:1万2043円

 

 ⇒実質負担額+設備費 3万6586円

 

むっちー家の条件

  • 居住地:北海道札幌市
  • 住宅:木造2階建て・築9年
  • 暖房設備:ヒートポンプ式温水暖房機 10KVA
  • 太陽光発電:2.22kW
  • 家族構成:5人家族(小学生2人・未就園児1人)

 

 

前年同月との比較

2017年と2018年の、電力消費量と電気料金を比較します。

 

今月の電力消費量は28.7%の削減、電気料金は18.7%の削減となっていますが、本来なら10月下旬は初雪の季節。

初秋のはおりもので過ごせる気温だと、このくらい削減できるんですね。

おかげさまで、家庭菜園も細く長く続いてきました。

 

過去8年間の推移

上記の表から 8年分のデータをグラフ化しました。

居住を開始した2009年、太陽光発電を設置した2010年は抜いています。

 

半袖姿の小学生を見る日も少なくないあたり、本当に暖かいのでしょうね。

ただし風邪ひきさんはたくさんいるので、早退・欠席は増えているんですよ……油断大敵です。その年によって差の大きい10月です。

左軸:電気料金 右軸:電力消費量

 

太陽光発電の結果

今月の売電(余剰電力)は141kWhでした。

 

過去の平均は150kWh。

発電も平均に近い数字が出ているので満足です。

 

最後にまとめ

いくら暖かいとはいっても外出できる時間にも限りはあって、段々とDVD生活に戻りつつある三女です。

勝手に引っ張り出しては散らかすので、新しいものを買うのはやめました(´Д`)

最近のマイブームは「ワンワンわんだーらんど」ですよ、録画必須!

 

さて、また1ヶ月頑張ります。睦でした(*ゝωδ)⌒☆

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」