ヘルプマーク・ヘルプカード|認知度の向上と普及拡大をめざして

子供の心臓病, 障害者福祉

スポンサーリンク

 

ヘルプマークのこと知っていますか。

 

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している患者、内部障害や難病の患者、精神障害、知的障害または妊娠初期の人等、援助や配慮を必要としていることが外見では分からない人々が、周りに配慮を必要なことを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成された、東京都によるマークである。

 

ヘルプマーク – Wikipedia

 

目に見えない障害、気づかれにくい障害を持っている方は、まだまだ支援を受けにくい環境にあります。障害の種類、程度によって「何に困っているのか」「どんなふうに助けてほしいのか」はさまざまです。

 

ヘルプマークがどういったものなのか、それを知っている・理解していることが手を差し伸べることへの第一歩になりますね。

 

今回はモデルケースとして、私たちが暮らしている北海道札幌市での「ヘルプマーク・ヘルプカード」の受け取りについてです。

 

スポンサーリンク

ヘルプマーク・ヘルプカード

ヘルプマークは2012年10月、東京都の都営地下鉄大江戸線で開始されました。

東京都福祉保健局のホームページには、ヘルプマークの作成・活用ガイドラインの詳細が記載されていますよ。著作権は東京都です。

 

上記ホームページによると、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けての、全国的な認知度の向上と普及拡大をめざしています。

ヘルプマークは全国共通なんですよ。

 

導入している都道府県

東京都・京都府・和歌山県・徳島県・青森県・奈良県・神奈川県・滋賀県・大阪府・岐阜県・栃木県・広島県・北海道・秋田県・愛媛県・島根県・兵庫県・鳥取県・静岡県。

 

※2018年2月5日現在、導入している自治体のある都道府県

 

 

札幌市では、2017年10月18日から配布がスタートしました。

 

 

配布場所

  • 各地下鉄駅事務室
  • 札幌市役所(障がい福祉課)
  • 各区役所(保健福祉課)
  • 各区保健センター(健康・子ども課)
  • 身体障害者福祉センター
  • 知的障害者更生相談所(手をつなぐ相談センターまあち)
  • 精神保健福祉センター(札幌こころのセンター)
  • 児童相談所
  • 市内のアイン薬局

 

私は、区役所の保健福祉課の窓口で受け取りました。

入口から入ってすぐのところにポスター、窓口には「ヘルプマークはこちらで受け取れます」という案内が貼ってあるのですぐにわかります。

 

受け取りに申請書や手帳はいりません

窓口では、申請書の記載や障害者手帳などの提示はありません。ただし身につけられるのは対象者本人です。

 

 

どのようなご用件ですか?

 

 

ヘルプマークをいただきたいんです。

 

 

いくつ必要ですか?

 

 

(啓発用での配布はしていないよね・・・?)

受け取れるのは本人分だけですよね。

 

 

そうです~

 

 

 

受け取りが簡単なのは助かりますが、これは勘違いや悪用に繋がらないのだろうかといった点が気になりました。

 

郵送での配布はしていない

メルカリなどでの転売というニュースも耳にしますが、ヘルプマークは郵送で受け取ることができないので、直接足を運ぶことができない方には難しいですね。

この場合、受け取りが簡単なことはメリットになります。

 

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方、と「障害者手帳」「母子手帳」のレベルで把握できる方には、何らかの対応も考えられそうです。

しかし援助や支援を必要としている方のすべてが、手帳類を持っているわけではありませんね。

 

実際に受け取った内容 

 

  • ヘルプマーク(小さいシール付き)
  • ヘルプカード
  • ヘルプマーク周知リーフレット
  • ヘルプマーク・ヘルプカードの説明と記載方法のパンフレット

 

小さいシールには伝えたい情報などを記載して、ヘルプマークの片面に貼りつけて使うことができます。

 

ヘルプカードとは

緊急連絡先や必要な支援内容などが記載でき、障がいのある方などが普段から身に着けておくことで、日常場面で困ったとき、緊急時、災害時などに、周囲の援助や配慮をお願いしやすくするカードです。

 

ヘルプマーク・ヘルプカード/札幌市

 

記載内容

  • 名前
  • 血液型
  • 生年月日
  • 住所
  • 緊急連絡先(名前・本人との続柄・電話番号)
  • 障がいの種類など(障がい名・病名・症状)
  • かかりつけの病院(病院名・先生・電話番号)
  • お願いしたいこと
  • 自由記載(お伝えしたいことなど)

 

リーフレットの内容はこちらからご確認いただけますよ。

 

実際にバッグに取り付けてみた

縦19cm、横5.3cm(ストラップ部分含む)となかなかの大きさです。

普段使っているリュックに取り付けたところ、しっかりとめだつことが確認できました。 

 

一緒についているのは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の支援「せりか基金」のリストバンドと、見えない障害バッジです。

 

ヘルプマークを持つのか持たないのか

現在の三女は、まだ私から離れることはありません。

その状態でヘルプマークを持つ必要があるのか、またあえて「私の子供は障害を持っています」と知らせる必要があるのか、悩んでいました。

 

その理由の1つに、主治医からの言葉があります。 

 

親が「この子は心臓が悪いんです」って(周りとの間に壁や距離を作るようなことを)してはいけない。

そういうのは子供の心に残るものですから。「私はできるのに、何で止めるんだろう」って思ってしまうんです。

 

≪中略≫

 

心臓病だということを考えない、忘れていいです。普通の子と同じように育てないといけないんです。

調べたら悪いことばかり出てくるし、ここまで大変な思いもたくさんしてきたし、細かいことに注意を払ったり、大事にしたくなったり、悪く考えてしまうのは仕方がないんです。それは当たり前です。

でもここから、ちょうど今が考えを変えていくのにいい時期だと思います。そういう考えでいってほしい。

 

フォンタン手術に向けた術前評価|心臓カテーテル検査 – TEKU⁺(てくたす)

 

また、姉ちゃんズのこともあります。

お友達の態度がこれまでと変わってしまうことへの心配があって、妹が心臓病であることはほとんど話していません。

 

多感な時期、その気持ちは十分にわかりますよね。

「話しなさい」とも「話さない方がいい」とも私は言っていません。これからもヘルプマークをつけて学校への出入りはしないつもりでいます。

 

それでもやはり、普及や認知度の向上をめざしてできることはしたい。

私と一緒にいても災害や事故に巻き込まれるなど、私に何も起こらないとは言えませんし。いざという時に、パニックになる可能性も0ではありません。

 

だから持つことにしました。

「どこかで見たことがある」の、”どこか”を増やしていきたいです。

 

最後にまとめ

ヘルプマークの裏面にはこう記載しました。

 

生まれつきの心臓病です。

血液をサラサラにする薬を服用しているので、出血の際には圧迫止血が必要です。

 

アドバイスをいただいて、ワーファリンの副作用について具体的に入れておくことにしました。「血が止まりにくくなる薬」でもよかったでしょうか?

 

成長とともに心臓への負担も大きくなることから、今後の症状にあわせて追記が必要になります。

個人差はありますが、そう遠い将来のことではありません。

 

その頃には、47都道府県のどこへ行っても、子供からお年寄りまで誰もが知っていて、当たり前のように支援を受けられる。

そんな優しい社会になっていることを願います。

 

お住いの自治体では導入されているでしょうか?

ヘルプマーク、ぜひ知ってくださいね。

The following two tabs change content below.
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」

スポンサーリンク

Posted by