レシピ|ハイジの白パンはシンプルで素朴なアニメ飯

「アニメ飯」っておいしそうですよね!

私の一番古い記憶にあるアニメ飯は『アルプスの少女ハイジ』に出てくるチーズ、おんじが丁寧にあぶっているアレを食べてみたかったものです(笑)

 

さて、今回作ったのはそのハイジに出てくる白パン。

参考にしたレシピ本は『絵本からうまれたおいしいレシピ 絵本とお菓子の幸せな関係』の51ページ。ちなみに50ページには黒パンもありますよ!

 

こちらに沿って進めていきますね。

 

ハイジの白パン・アレンジver

材料(8つ分)

 

  • 強力粉:230g
  • 薄力粉:30g
  • ドライイースト:小さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • 塩:小さじ1
  • 牛乳:175cc
  • ショートニング:10g

 

 

牛乳とショートニングは常温に戻しておきます。

他の料理でショートニングを使うことがないので、無塩バターで代用しています。オリーブ油やサラダ油の方が風味が変わらず、素朴な仕上がりになりますね。

 

塩を「粗塩:小さじ1」で作ったところ、とても塩気の強いパンになってしまいました。ここでいう塩は「普通の食塩」です。

今回は思い切って「粗塩:小さじ1/2」にしました。

有塩バターを使ってもいいでしょう。

 

<ここまで:所要時間5分>

 

作り方

材料を混ぜていきます

まずは強力粉と薄力粉をふるいながら大きめの入れて、塩と砂糖を離して入れて軽く混ぜます。

 

真ん中にくぼみを作って牛乳を入れて、それからドライイーストを振り入れます。

 

溶かすように手で混ぜていきますが、この時点ではまだベタベタしていますよ。

 

途中でショートニング(今回はバター)を入れます。

バターは常温なのか、溶かした方がいいのか、悩んでいたところむっちゃん(@kotokoto_info)に教えていただきました。

>>>「気まぐれキッチン 我が家の食卓」

 

 

バターは分離してしまうんですって。

溶かさず「常温に戻して」入れるのが正解だそうです! 

 

はい、まとまりました。

手にベタベタとくっつかなくなれば、台の上で捏ねることができますよ。

 <ここまで:所要時間5分>

 

手捏ねしていきます

本格的に捏ねていきましょう。

クッキングボードなどないので、調理台をキレイに拭いてガンガンいきます。

 

睦
おいしくな~れ!おいしくな~れ!

 

しっかりとまとまると生地がよく伸びて、なめらかな感じになります。そこまで頑張って!

最後は、表面がキレイに張るように丸めてください。

 <ここまで:所要時間15分>

 

1次発酵します

洗い物を増やしたくないので、最初に使っていたボールに薄く油を塗って生地を入れます。ここから1次発酵させるためにラップをします。 

ぬれ布巾などをかけて、暖かい場所(30℃前後)に置きましょう。

 

私はこれを買い物袋に入れて。夏は窓辺、冬はパネルヒーターの上に置きます。発酵時間の目安は1時間程度ですね。

 

しっかりと2倍の大きさに発酵しています。

<ここまで:所要時間45分~1時間>

 

ベンチタイム

生地を台の上に取り出して、軽くつぶしてガス抜きをします。

 

そして、スケッパーでお好みの大きさに分けますよ。

レシピでは8こになっていましたが、姉ちゃんズのおやつには一回り小さく作ることもあります。

 

生地を1つずつ丸めてとじ目を下にします。このままぬれ布巾などをかけて、10分ほど生地を休ませますよ。

 

オーブンシートはシリコン製マットを使っています。

 

何度も繰り返し使えるシリコン製マットですが、クッキー作りに使うと熱で波打って形が崩れてしまうんですよね。肉料理の時も片付けが大変ですし多少臭いも残ります。

調理する素材などよって紙製のものと使い分けるといいですね。

<ここまで:所要時間15分> 

 

2次発酵します

たった10分のベンチタイムですが、少し大きくなっていますね。

こちらの生地をもう1回つぶして形成をしていきます。

 

ハイジの白パンは楕円形です。

生地を1つずつ丸めたあとに、菜箸などを押し付けて真ん中に跡をつけていきますよ。

かわいらしいコロンとしたフォルムになります。

 

私は何となくうまくいかなかったので、包丁でスパッ!と切り落とさない程度に切れ目を入れています。超適当!

 

とじ目を下にして並べ、ぬれ布巾などをかけます。

1次発酵と同じように暖かい場所に置いて、今度は少し短めの35~40分です。

 

今日は40分、いい大きさまで膨らみましたね。

仕上げに茶こしで強力粉をふりかけます……が、子供たちが苦手なのでむっちー家では省略しています。

<ここまで:所要時間50分> 

 

オーブンで焼きます

180℃で予熱したオーブンで、12~15分焼きます。

時間はご自宅のオーブンによって違いがあるので、短い時間から調整してみてください。

 

焼き色が付き過ぎる時は、途中でいったんオーブンを開けて上にホイルを乗せます。

白パンなので焼き色はうっすら(´-`*)

 

できあがり☆です

 

ドライイーストについて

私が愛用しているレシピ本によると、テーブルロールを作る際には、ぬるま湯・砂糖・ドライイーストをあわせて先に発酵を促します。

ドライイーストは砂糖を好むので、塩は強力粉と混ぜておくんです。

 

また別の本では、ドライイーストは水分を嫌うので塩やバターなどと触れさせずに、強力粉と先に混ぜておくというものもありました。

 

ドライイーストのメーカーによっても違うようです。

ホームベーカリーでも種類によって、別入れができるものと、全部ひとまとめにして入れるものとがありますね。

そこの違いについては詳しくないので、「書いてあるとおり」に作ることにしています。

 

コストについて

  • 強力粉(1kg):200円=46円
  • 薄力粉(1kg):160円=4.8円
  • ドライイースト(50g):240円=14.4円
  • 牛乳1リットル(160円):175cc=28円
  • ショートニング(180g):400円=22.2円

 

購入時の価格で計算してみます。

ドライイーストとショートニングはわからないので、調べた価格でざっくりと設定しています。電気料金など細かなことは考えないことにしましょう。

 

材料費 計:115.4円+砂糖・塩などもろもろ

 

「空腹を満たすだけ」を考えると、もっともっと安いパンはたくさん売られています。かかる時間や手間を考えた時に、お得だと思えるかどうかはそれぞれですね。

 

ニコニコしながら楽しみにしてくれて、焼きたてを「おいしい!」と食べてくれる姉ちゃんズを思うと、私には特に高くは感じません。

むしろそのひと手間を惜しみたくないのは、自己満足の母の愛です。

 

最後にまとめ

最初から最後まで、発酵時間にもよりますが慣れると3時間かからずに作り終えることができますよ。

ハイジの白パンは材料も少なく、比較的簡単に作れる印象です。材料が少ないといえばベーグルですが、あれは発酵時間も短いのでもっと早くできあがりますね。

 

部屋中がドライイーストの匂いに包まれる時間、癒されますよ♪

ぜひお試しあれ!睦でした(*ゝωδ)⌒☆

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」