全力で守りますから。

 

「その後、どう?」

 

少し離れた場所から眺めている人たちには、きっともどかしいことだろう。

聞かれることにも、嬉しくはないけれど慣れた。

 

最近になって、長女は塾を辞めた。

受け持ちの先生は気にかけてくれていたけれど、気持ちが切れてしまった長女には響かない。事情を話して理解してもらった。

 

週末の参観日を終えたあと、長女の担任と話す機会を得られた。

今回の件は教頭先生を介して伝えてもらったものだったので、直接お礼とこれからのことを話しておきたかった。

 

二学期に入って担任が決めたという席順も、長女にとってベストではないけれど「できる最善」であることは間違いなく。

それがどれだけ神経を使って考えられたものか、長女には無理でも私にはわかる。

学校生活も大きな波がない状態で、楽しく過ごせる時間が多い。授業にも集中できているので学校での成績にはまったく支障がない。

 

担任はたくさん話してくれた。

ゆずさんはまったく悪いところはないです、大丈夫です!

だからこんなことで自信を落としてほしくないんです。「自分が悪いから」なんて思ってほしくないんです。

大人と子供では違いますから、今はゆずさんのよさに気づけないかもしれませんし、嫉妬なんかもあるかもしれません。

でも、絶対にいい子ですから!それは間違いありません。

 

授業中のこと、休み時間のこと。

仲良くしているお友達のこと、二学期に入ってからの長女の様子を事細かに教えてくれた。私が普段長女から聞いている様子と同じだったので、安心した。

 

そしてこう言ってくれた。

母のような気持ちで見守っているので。※担任は女性

「あれ?」と思うことがあれば、子供たちを呼び出して「それってどうかな?」と話したりもします。

チクリと攻撃的なことを言う子もいますし、キツイ言い方をする子もいます。

そういうのはポロッと出るものなので、見ていないようなフリをしながらしっかりと見ています。

 

本当に微力ですけど。

もしもゆずさんに何かあった時には、全力で守りますから。

大丈夫な時には何も言わなくていいですけど、ちょっとでもつらいと思ったら何でも言ってください!

 

私、今までに聞いたことがない。

親でもないのに「全力で守ります」って簡単には言えない。

 

これまでに関わってきた人たち、誰に聞いても「いい先生だ」という話しか聞かないのがよくわかる。教頭先生も絶賛だった。

熱心で、面白くて、優しくて、子供たちには怖くて(笑)

去年はまったくまとまりがなく崩壊しているのでは?と思っていたクラスが、今年はとても仲がよくまとまっている。

 

私の希望を伝えるまでもなく、担任から「こうします」と言ってくれた。

担任から預かってきた言葉も長女と共有した。

 

私は「母」としてできることを全力で。

 

人生の先輩があまりにもかっこよくて、私はクラクラしてしまった。

母としても、女性としても、魅力的過ぎる。

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」