北海道の野菜作り2018⑥|降り続いた雨の先は秋だった

 

あれほど暑い暑い!と騒いでいたのに、残暑さえ「どこにいったの?」と思うほど涼しくて過ごしやすい札幌。

野菜にとっては悪くないようです。

 

新学期が始まった子供たちは長袖長ズボンで登校する日もあり、すっかりと秋の気配……今年の夏は本当に短かくて残念です。

畑の野菜たちの様子も少しずつ変わってきましたよ。

 

それでは、半月ぶりの成長記録をお届けします。

北海道の短い夏にお付き合いくださいね。

 

むっちー農園2018レポート

8月24日 畑の様子

きゅうり、モロッコいんげん、トマトなど「上に伸びていく」野菜たちは、下の方から枯れてきました。

前回8月4日以降、真夏日に届いたのはお盆明けに1日だけ。暖房(エアコン)を使った日も1日あり、札幌は寒暖の差が激しくなっています。

日差しも風も、すっかりと秋です。

 

じゃがいも

茎の部分が枯れてじょじょに収穫へと向かっているじゃがいも、9月上旬~中旬の晴れた日に掘り起こす予定です。

両実家から新じゃがも届いていて、我が家の玄関は既にじゃがいもだらけ♡

枝豆

枝豆はまだまだ元気!

雨風にさらされてグチャグチャになりつつも、さやの中に実が入ってきました。収穫にはまだ少しありそうです。

 

さやの大きさはまずまず、まだ薄っぺらのペラペラです。

こちらは9月中旬~下旬かな?葉が黄色くなると味や食感が変わってしまうので、その前に収穫してしまいましょう。

 

モロッコいんげん

私が手に乗せているのは、合掌型の支柱のてっぺんから垂れ下がってきた部分です。

この内側にたくさんのさやがぶら下がっているので、内側をかき分けて収穫していくんです……時々虫がいて飛び上がるのはお約束(笑)

 

そのほかの野菜たち

今年もきゅうりが豊作です。

 

枯れた葉を取り除いたり、雑草を抜いたり、時々追肥もします。

今年は病害虫に悩まされることがなかったので、極端に収量が落ちたのはズッキーニくらいですね。こちらは暑さのせいでしょう。

茄子も本数の割には少なめですが、お裾分けできる程度にはなっていますよ。

 

 

数少ないお花シリーズ

キッチンと庭でそれぞれ育てていた朝顔ですが、もう花の時期は終わりました。

マリーゴールドは種からゆっくりと育ててきて、お盆前に花壇へと植え替えましたがやっと開花です!しばらくは咲いてくれます♪

 

最後にまとめ

次回は収穫、お片付けに入る野菜もありそうです。少しくらい涼しくなっても育つ野菜はあるので、もう少し楽しめたらいいな!

それでは、また次のご報告まで。睦でした(*ゝωδ)⌒☆

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」