北海道の野菜作り2018⑦|留守中に起こった事件

 

3泊4日の付き添い入院から自宅に戻って。

私が最初にしたのは、むっちー農園の状態を見ることでした。

昨シーズンのように1ヶ月も家を空けたわけではないけれど……祈るような気持ちで覗くと、想像を上回る何かがありました(笑)

 

それでは、10日ぶりの成長記録をお届けします。今回はピンポイント!

北海道の短い夏にお付き合いくださいね。

 

むっちー農園2018レポート

9月1日のきゅうり

花の数と季節を考えたら、せいぜい5本程度だろうと高をくくっていました。

ところがやぐらの内側を覗き込んでみると、キモチワルイほどの黒い影がぶ~らぶらと下がっています。

 

3日で計14本、明らかに取れすぎです。

その後3本+3本+4本=24本。4日で食べる本数をかるがると超えたので、ご近所さんに手伝っていただくことに。

 

まだまだ花盛りです(笑)

きゅうりは価格が高騰しているのでありがたい話ですが、そろそろカッパになれる気がしますね。常に10本以上冷蔵庫にストックされているのはちょっとストレス(´Д`)

 

食い荒らされた茄子

家庭菜園は9年目ですが、農作物が被害にあったのは初めてのこと。

今年はカラスの多さが気にはなっていたんですよね……これも恐らくカラスの仕業でしょうか?ちょうどいいサイズの茄子が3本、グチャグチャになっていました。

 

1本も残っておらず、花もほとんどついていません。

苗を4本植えた割には不作ですね、残念。

 

来シーズンからは、カラスよけの対策が必要でしょうか?

お隣の庭先でネズミも見つけているので、ちょっと穏やかではありません。

 

枝豆

さやは申し分ない大きさに育った枝豆です。

 

豆は小さくてまだまだ薄っぺらいので、食べ頃は少し先ですね。

 

その他の野菜たち

収穫したじゃがいもは乾かしたいので、風のない晴れの日を待っています。

雨風によって土が飛んでいるところもチラホラ、定期的に盛土の見直しは必須ですよ。1つでも多く収穫しないと、長女に怒られてしまいます(笑)

 

夫の手伝いを待たずに、平日掘り起こすことになりそうです。

 

ズッキーニは実がついてもすぐに落ちてしまいますよ、うーん。

来年からは作らずに母からもらおう。

 

ピーマンはまだまだ取れそうです。

例年のようにアブラムシの被害にあうことはなく、やわらかくておいしい実がたくさん取れています。

 

これまであまり目立ちませんでしたが、ひっそりと赤くなっていた唐辛子。

全部が収穫できるようになるまでには、あとどのくらいでしょうね?霜が降りるまで植えっぱなしでもいいので、できるだけ多く収穫できるといいです。

 

最後にまとめ

全国各地で被害の出ている台風21号の影響で、むっちー農園も壊滅的なダメージを受けかねません。

最低限の補強はしてありますが……運ですね。

 

どうにか乗り越えた姿をお見せできるでしょうか。

それでは、また次のご報告まで。睦でした(*ゝωδ)⌒☆

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」