北海道の野菜作り2018⑧|台風21号が残した爪痕

 

目を疑うような被害が続出した台風21号。

台風で被害を受けることの少ない北海道でも、大規模停電や倒木などが起こっています。交通機関も止まりました。

 

札幌の風雨が強まったのは4日(火)の夜遅くでしたが、明け方までの数時間は家が揺れるほどの暴風と謎の大きな物音。

恐る恐る庭の様子を伺ったのは、2時半過ぎのことでした。そして朝。

 

小学校でもプールのビニールシートが飛んで、授業が中止になっています。

むっちー農園も少々被害を受けたので、来シーズン以降の対策のためにもまとめておきます。お付き合いくださいね。

 

むっちー農園2018レポート

9月5日 畑の様子

さて問題です、どこがおかしいでしょうか(。´・ω・)?

※落ち葉でひょっこりはんしてる三女が乱入中。

 

これだけ見てもピンとこない方のために……8月24日の畑の様子です↓

 

全体的に、右に寄っているのがおわかりいただけるかと。

暴風雨にさらされてぺしゃんこになってしまった枝豆は、ボリュームが減っています。実際には右側でぎゅうぎゅう詰めです。

そしてきゅうり・モロッコいんげんのやぐらは、葉がなくなってスカスカ。

 

ピサの斜塔と化したきゅうりとトマト

 

手前からミニトマト・モロッコいんげん・きゅうり。

※枝豆の葉をちぎっては投げしている三女が乱入中

 

ミニトマトが大きく傾いでいるのはわかりますが、この角度からではきゅうりがわかりにくいですよね。それでは、もう少しだけきゅうりに近寄ってみます。

 

モロッコいんげんの下方から上向きにパチリ。

ものすごーく傾いていますよね(笑)

 

根こそぎ倒れた小ネギ

根が浮いてしまったもの、途中から折れたもの、全滅に近い状態です。

もう仕方がないので全部抜いて、食べられるところだけ保存することにしました。これにて小ネギはシーズン終了のお知らせとなります。

 

 

茄子とピーマンもおかしな角度

茄子はいくつもの枝が折れて、葉が弱っていました……カラス被害といい踏んだり蹴ったりです。

ピーマンは傾いていただけでセーフ(∩´∀`)∩

 

最後にまとめ

自転車小屋は夫が出勤前に直してくれた……と思いきや、前後が逆で自転車の出し入れができない状態でした(笑)

そこも含めて1時間かけて復旧完了です。

 

我が家の土地は地盤が固く、畑は全体的に少し浅めです。

場所によって深い場所もあるのですが、どうしてもじゃがいもなどの根菜に場を譲ることになってしまいます。盛土にも限界はありますし。

 

とはいえ、たった4坪の狭い畑なので連作障害なども気になります。

支柱の立て方なども工夫しつつ、こういった自然災害への対策は必要です。できるだけ、隣家へとご迷惑をかけることも避けたいですよね。

実家のようにビニールハウスを建てて防風ネットを回せばいいのでしょうが、我が家の規模では難しく(笑)

 

何年やっていても試行錯誤の繰り返し、これが楽しくもあり悩ましくもあり。

子育ても野菜育ても一緒!

 

それでは、また次のご報告まで。睦でした(*ゝωδ)⌒☆

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」