【育児ブログ】はっちゃき娘ズplus☆

北海道の野菜作り2017⑯|最後の収穫とお片付け

 

荒れ果ててしまった畑のお片付けをしました。

関連記事

>>>北海道の野菜作り2017⑮|1ヶ月放置された大事な庭

 

廃棄した野菜はゴミ袋60リットル分。

ずっしりと重い袋を抱えて捨てに行きました・・・一瞬「夫にやらせればよかった」とも思いましたが、きっとそんなことは無意味ですね。

 

これが今シーズン最後のご報告になります。

 

むっちー農園2017レポート

9月21日・その後のむっちー農園

抜いたものはかさが多いので、虫の温床になることは覚悟の上でしばし放置します。特にズッキーニは茎がトゲトゲしていて、このままだとなかなか扱いにくいです。

 次の『枝・葉・草』の回収までにまとめます。

 

一縷の望みをかけてナス1本、ピーマン2本、唐辛子1本、ズッキーニを残してあります。来週はグッと冷え込むようなので、厳しいでしょうね。

 

お天気がとても不安定な2日間だったので、雷に悲鳴をあげつつ雨が降る前にとドタバタの作業でした。

1日目が30分、2日目が1時間ほど。

 

敷地内の雑草は、暖かい時間でゆっくりゆっくり片付けていきます。

 

収穫できた野菜

少しのトマト・枝豆・キュウリ

今年はかなりの発芽率だった枝豆ですが、収穫できたのはたったの1回分。そしてトマトと、キュウリ2本です。

トマトは赤くなるまでに随分と時間がかかりました・・・味はどうでしょう?

 

入院までにキュウリは相当食べたので、「やっと終わった」という気持ちもほんの少しだけ。

今年はキュウリの当たり年でしたね。

 

ジャガイモはおおむね満足

種イモ1袋分のじゃがいもを植えたところ、メロン箱に軽く1つ分の収量になりました。メークインなので細長いですね。

 

収穫直後なので表面が湿っています。

 

ただし・・・

土寄せなどをしてもらえたわけではないので、青くなってしまったものも相当ありました。葉がかなり生い茂っていたので、不慣れだと相当面倒な作業でもあります。

 

例年より多くはなってしまいましたけど、これも仕方ありません。

土寄せが難しいのなら、マルチなどで光を遮る方法もあることを知りました。来シーズンは要検討です! 

 

これが青いもの。

家族揃ってジャガイモは大好物なので、残念ですしもったいないですね。

 

風に当てて乾かしたあと、玄関で新聞をかけて保存しています。

早速フライドポテトにしましたよ!

 

唐辛子も少しだけ

こちらはまだ青いものが畑にあるので、もう少し取れそうです。今回収穫したものはキッチンで乾燥させています。

こんな感じで大丈夫でしょうか。

 

ここまでやってスッキリした!

私の家庭菜園の師匠は母ですが、母の師匠は2014年に亡くなった祖母です。

母方の祖父母は元農家で、祖父は野菜作りの下手な人だったと聞いていますが(笑)、祖母が上手だったのだそうです。

 

祖母が元気だった頃には、私も野菜作りのことを話しました。今ならもっともっと話せることもあったでしょうね。

 

 

最後の後始末は雪が降る前に・・・初雪までは早くて1ヶ月ちょっとなので、それまでに終えるつもりでいます。

北海道の冬は早くて長いんですよ!

 

来年は何を植えようかな?

どのくらい手をかけられるかな?

 

いろいろなことを考えながら、もうすでに雪解けの季節が待ち遠しくなっています。

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」