スポンサーリンク

北海道の庭の記録|雪の記録を撮るのが好きなんです

北海道の生活,

1月下旬は寒い日が続きました。

雪こそさほど多くはありませんが、5日連続の真冬日で最低気温はほぼ2桁。札幌にしてはやはり冷え込んでいます。

 

道産子歴37年、寒いのも雪も大嫌いです。雪が降ったのを見て、キラキラと目を輝かせる年齢ではなくなりました(笑)

 

毎年背中と腰が痛いです。

雪を跳ね上げる時には体をひねるので、股関節がおかしくなることもあります。

 

雪の増減を楽しもう

 

前述した内容を裏切りますが、今日はちょっとマニアックな内容になるかもしれません。興味のある方だけ先にお進みくださいね。

 

実は毎年、このグラフを見るのがちょっと楽しみです。

札幌市の累計積雪量・積雪深の記録です。今年度は降雪も積雪も早かったものの、積雪量としては平年やや増程度なんですね。

 

札幌市内の累計降雪量/札幌市

 

自然に解けていく姿

こちらは1月25日。

前日に最低気温が-19℃を下回っていました。

 

リビングの窓から撮影。

あまり雪を積み上げる場所ではありませんが、それでも目の前は雪です。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170127133850j:image

 

そして2日後の、今日1月27日。

最高気温が5℃を超える雨降りの日でした。

 

向こう側の1階部分が見えるようになるくらい、一気に減っています。

 

このタイミングで「太陽光パネルの雪が解けないだろうか?」と淡い期待を抱きましたが、発生電力量は0行進でまったく出ていないようでした。

f:id:mutchyplus_xxx:20170127133855j:image

 

三女を妊娠した昨シーズンから、ほとんど写真は撮れていません。

それ以前は除雪をするたびに「雪山がこれだけ大きくなったよ!」と、更新するのを楽しんでいました。

 

誰が喜ぶのでしょうか。私だよっ!

 

強引に減らした姿

こちらは2014年の写真です。

雪の多い年だったので大変ですが、不謹慎ながら物凄くワクワクしました。

 
f:id:mutchyplus_xxx:20170127234859j:image

 

  これを 排雪すると・・・

f:id:mutchyplus_xxx:20170127234913j:image

 

本来の車道の幅に戻ります。

このギャップがたまらなく好きですね。そしてこの断面の迫力と、整っているところにトキメキます。

 

札幌市のパートナーシップ制度の排雪は年1回、毎年2月中旬に入ってもらえます。

大雪の年には堆雪しておく場所がなくなり、はね上げるのが大仕事です。

 

引っ越してきた当初は、幼稚園児くらいの子が中心だったご近所。

 

今は子供も大きくなって共働きのご家庭が増えました。

それにともなって、シーズン契約の排雪(週1回で計○回など)もよく見るようになりました。年4~5万円はかかるようです。

 

体力・時間・金銭面、どこを楽にしたいかで判断は変わりますね。

金銭面が厳しい我が家は、体力と時間を使っています。

 

本格的に雪解けの季節

3月に入り、ほんの少し春の気配が感じられるようになると、暇を見つけてはこの頂上に登って雪を割ります。

ひたすら割って、崩して、崩して、解けていくのを楽しみます。

 

そしてその変わっていく姿も写真におさめていくと、ますますやる気になるのです。

 

こちらは同じく2014年の3月27日、当時年中組だった次女。

「ちょっと登って」とお願いしてパチリ。

 

この年は夫が単身赴任だったため、除雪作業は私1人でやっていました。

 

お隣の旦那さんが除雪機を持っているので、雪の多い日には朝早くにはね上げてくれていて、とても助かりました。反対お隣の旦那さんも、大変な日や雪割りなどたくさん手伝ってくれました。

f:id:mutchyplus_xxx:20170128101417j:image

 

さらにこちらは4月1日、新2年生になった長女でパチリ。

5日でこのくらいまで減りました。北向きの我が家は、割らずに置いておくと相当かかってしまいます。

 

割っていても一番遅いくらいに日当たりは悪いです。

f:id:mutchyplus_xxx:20170128101423j:image

 

「長い長い」と言いながら過ごしてはいますが、今シーズンもあと2ヶ月でこのくらいになります。

小さな楽しみを見出しながら、この大変な季節を乗り越えている道産子です。

The following two tabs change content below.
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」

スポンサーリンク

Posted by