レジャー|縄文時代の遺跡「北黄金貝塚公園」を歩いてみた

 

道央自動車道、室蘭ICから伊達市街に向かって7kmほど。

北海道伊達市にある「史跡・北黄金貝塚公園」へと行ってきました!

 

札幌市から高速道路を利用して2時間、中山峠を経由して3時間弱……くらいの距離です。

 

2018年7月19日に「北海道・北東北縄文遺跡群」が平成30年度の世界文化遺産推薦候補に選ばれました。

北黄金貝塚は全17遺跡の1つです。

 

小6の社会では歴史を習います。

地元の小学校なら実際に足を運ぶ場所ですし、修学旅行で訪れる学校もあるようです。

せっかくならニュースになったこのタイミングで「実際に残っている縄文時代の集落遺跡」に触れる経験をさせたいと考えました。

 

北黄金貝塚公園内にある「北黄金貝塚情報センター」は写真撮影OKなので、今回はそのレポートをお送りしますよ。

 

「史跡 北黄金貝塚」見学レポート

一般駐車場は舗装されていませんが、30台+バスも止められる広さです。

 

駐車場からはちょっと奥に入ります。

通りの脇では、生い茂る草の中で虫が大合唱しています。子供たちはビビっていますが手を引いて歩きますよ(笑)

 

おみやげ袋の裏面にあった地図ですが。

北黄金貝塚情報センター方面へと進んで行くと、障害者用駐車場が約5台分あります。

 

北黄金貝塚情報センターを見学する

北黄金貝塚情報センターに到着です。

 

とても細かい展示物の数々

施設内には石器・土器・貝類・魚や動物の骨、とても細かい上にその数も想像以上の多さです。写真のとおり、とてもきれいな状態なんです。

紀元前5000年~3500年、縄文時代前期~中期とのこと。今から7000年前のものが残っているとは!

 

睦
魚は「骨を取るのが面倒くさくて食べたくない!」って人もいるくらいなのに、これを発掘して調べて「これはカレイの骨ですね」って言ってる人がいるってことに驚くわ!

夫
まあね……(´_`;)

 

貝塚はゴミ捨て場ではなかった

私は「貝塚は食べたあとの貝殻を捨てる場所」と習ったように記憶しています。

ところが、貝塚の役割はそれだけではなかったんですね。

 

写真内の文章を引用します。

すべての生き物の墓地

貝塚の中からは貝殻や動物の骨などといっしょに、ていねいに葬られた人の墓が出てきます。このことは、貝や魚、シカ、オットセイなどはゴミとして扱われたのではなく、命あるものとして、人と同様に供養されたことを物語っているのです。さらに、木の実の殻や囲炉裏で燃やされて灰になった木などの植物も供養されました。貝塚はすべての生き物の墓地であり、感謝と祈りをささげる神聖な場所でもあったのです。

 

出土した埋葬人骨も展示されていますが、埋葬のされ方は年齢や性別によって違います。

 

写真内の文章によると、こちらは大人の男性ですね。

貝塚と縄文人の墓

  1. おばあちゃんのお墓:40~60歳
  2. 貝輪をつけた男性のお墓:20~40歳
  3. 大人の男性のお墓:30歳代後半
  4. 発掘途中のお墓

 

 

当時の平均寿命は35歳くらいですって。

 

形の違うすり石やハンマー

作りかけのすり石とか、どうしてわかるんでしょう。すごーい(笑)

 

実際にクルミの実をすりつぶしてみよう!というコーナー。

 

長女
長女
えー、固っ!ぜんぜんつぶれないよ!

次女
次女
最初につぶした方がいいのかな?

 

まったくつぶれません。

もともとつぶれない固さのクルミなのか、子供たちがつぶせないだけなのか、それもわからないくらいの固さです。

 

土器の形や模様もいろいろ

土器は食べ物を煮炊きするための道具です。

紀元前5000年頃には貝でつけていた模様が、紀元前4000年頃には縄へと変わっていきます。年代や地域によって形も違うんですね。

 

夫
こんなに底がとがってたら立たないよね。何でこんな形をしていると思う?

次女
次女
えーっ……(わからない!)

 

ヒグマと背比べ

入口から死角になるところには、大きなヒグマのはく製がガオー。

身長150cm弱の長女と背比べをしたところ、台座の部分を差し引いてもやはりヒグマの勝利です。ヒグマの掌が長女の顔面サイズなので、真正面から戦ってはいけない相手であることは一目瞭然。

 

 

竪穴式住居と貝塚を見学

北黄金貝塚情報センターを出ると、「縄文の森散策路」

鬱蒼としていて、奥に進むとトトロでもいそうな雰囲気ですが……もちろん子供たちが行きたがるはずもなく、写真だけでご紹介♪

 

写真でもじゅうぶんに伝わる「北海道はでっかいどう」感。

右側の真ん中やや上くらいにうっすらと見えるのがA’地点貝塚、80m×20mという広さで貝層の厚さは約80cm。

こちらをめざしていきますよ。

 

見た目より距離があります。

 

復元された竪穴式住居

時代や国が変わると、住居の素材や形は大きく異なるものですが。

7000年も前の人たちがこんなものを作っていたのかー、と感心してしまいます。当たり前ですが、「三匹の子ブタ」のようにひと吹きで飛んだりしませんよね。

でも実際に、どのくらいの耐震性があるのでしょう(笑)

 

内部はかなり焦げ臭かったです。

イベントや体験学習なども行われているので、中央にある囲炉裏で火おこしをしたのでしょうか? 奥には薪が積まれていました。

 

貝塚へと向かう登り坂

下から見上げるよりも、上から見下ろす方が勾配を感じますね。

ひたすら歩き続ける三女が逞しい!

 

北黄金貝塚にある5ヶ所の貝塚の中で一番大きいA’地点貝塚、5800年ほど前に作られたものです。14体の縄文人骨が発見されています。

貝塚から見つかったもの

  • 貝殻(カキ・ホタテ・イガイ・ウニ)
  • マグロなどの魚の骨
  • オットセイ・クジラ・シカの骨

 

ヒィッ、大きい!!

 

ここから左手、海側を向くと海抜6mからの景色が広がっています。

遠くに見えるのが内浦湾(噴火湾)、室蘭市のチキウ岬から駒ケ岳の方までグルッと。北黄金貝塚から駒ケ岳までは150kmほどありますが、湾口は約30km。

お天気がいいと、少々おぼろげながら見えるんですよね。

 

ジリジリとはしていませんでしたが、暑さに弱い長女がバテたのでこれにて終了!

次はもう少し涼しい季節に、その頃にここは世界文化遺産に登録されているでしょうか……ドキドキ。

 

北黄金貝塚公園の情報+α

北黄金貝塚公園

  • 住所:北海道伊達市北黄金町75
  • 電話番号:0142-24-2122
  • 営業時間:午前9時~午後5時まで
  • 休館日:12月1日~3月31日
  • 駐車場・入館料:無料
  • アクセス:JR伊達紋別駅からバス20分、JR黄金駅からバス5分。最寄りのバス停から徒歩5分

 

詳細はこちらから。

>>>史跡 北黄金貝塚|北海道・北東北の縄文遺跡群

 

車椅子用のトイレもあります。

 

 

平成30年8月26日(土)には「第21回だて噴火湾縄文まつり」が行われます。

詳細はサイト内の縄文まつりちらし(PDFファイル)をチェック!

>>>第21回だて噴火湾縄文まつり|伊達市教育委員会

 

道の駅 だて歴史の杜

北黄金貝塚公園から、伊達市街に向かって9kmほどのところには「道の駅 だて歴史の杜」もありますよ。

 

ハンサム食堂のハンサム焼き、おいしかった(笑)

 

北の湘南」と呼ばれるだけあり、春の早い時期から農産物が収穫されます。山も海も近いので肉・魚の加工品もありますし、物産品がとにかく多い!

藍染の商品もありますし、藍染の工房があって体験もできますよ。

>>>だて歴史の杜|北の道の駅

 

お近くにお立ち寄りの際には、どちらもオススメです。睦でした(*ゝωδ)⌒☆

ABOUT ME
睦
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」