スポンサーリンク

夫の通勤服は低価格でシンプル|GU(ジーユー)

いろいろ雑記, よしなしごと

f:id:mutchyplus_xxx:20180320141226p:plain

 

夫は数年前に東京への単身赴任をしていましたが、その時を最後にスーツ通勤をすることはほとんどなくなりました。

 

最近はビジネスカジュアルばかり。

そこで今回は、ビジネスカジュアルについて改めて調べてみました。

 

ビジネスカジュアルについて知りたい

 

ビジネスカジュアルの定義

一口にビジネスカジュアルといっても、「これがビジネスカジュアルである!」というのが明確ではありません。

スーツの堅苦しさを抜きつつ、カジュアルに寄り過ぎないちょうどいいところ。

 

よく言えば「遊びがある」のですが、周囲の雰囲気もあるので難しいところです。

 

これまでの比較
  • 夫の会社:襟のついたシャツ・綿パン
  • 出向先A:パーカーやポロシャツ・綿パン(チノパン)
  • 出向先B:襟のついたシャツ(+セーターorカーディガン)・綿パン

 

パーカーって完全にカジュアルですよね。

「ビジネス」が行方不明です(笑)

 

会社によって大きな違いが出てくると、夫のように無頓着だと面倒でもあります。

 

「GU(ジーユー)」でそろえてみよう

手持ちの服では満足にそろわなかったので、買い足しに行きました。

行き先は「GU(ジーユー)」です。

 

 

いつも駐車場がいっぱいですし、店内も混んでいる印象です。

 

今回の購入品
  • オックスフォードシャツ 1490円
  • ブロードチェックシャツ 1990円
  • ブロードストライプシャツ 1990円
  • ハイゲージVネックシャツ 990円×2枚(色違い)
  • ストレッチスリムチノ 1990円×2枚(色違い)

 

合計1万1430円、恐ろしいほどに低価格!

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170206004148j:image

f:id:mutchyplus_xxx:20170206004153j:image

 

お洗濯は毎日するので、この枚数で何とかなりそうです。

 

服装に関しては、職種によって考え方が大きく違うでしょう。

夫に関していえば1日中パソコンの前にいる仕事ですし、夫本人も「楽な格好で作業させてほしい」と言っていました。

 

スーツに革靴という、堅苦しい服装で仕事をする意味がわかりません。

 

夫の通勤服がスーツだった頃のこと 

クールビズが始まったのは、2005年。

企業での制服がなくなったり、ノーネクタイなど規制がゆるくなってきたのを感じていた頃、夫の会社もビジネスカジュアルになりました。

 

当時の夫は今と変わらず出向SE、外勤です。

ちょっとお堅い職場にいたこともありスーツ姿で仕事をしていました。

 

ちょっと太めの夫は股ずれでパンツが傷むので、内側からパットをあてる加工が必要でした。<シック>というそうです。

スーツ(というかお尻周りから股)がピカピカになるほど擦れてしまうのは、とにかく格好悪いです。選ぶのは必ず、5万円から6万円台のツーパンツスーツを2着。

 

何度言っても、夫は革靴のかかとを踏んでしまいます。

靴を休ませると長持ちすることもあり、こちらも必ず2足。

 

Yシャツもまとめて購入していました。

当時は「2着目1000円」「2着目半額」が多く、そこにバースデー割引や、貯めておいたポイントも使います。

それでも6万円程度の高額出費だったことを覚えています。

 

扱いが悪いと余計に劣化も早いもの。

2年置きに夏用・冬用とそれぞれ入れ替えって、無駄な出費ですね。

 

GU(ジーユー)が人気の理由がわかった

混んでいることもあり今までは敬遠していました。

 

でも、この低価格とデザインのシンプルさがいい!

私たち夫婦もすっかりアラフォー、知らず知らずのうちに「シンプルで着やすいもの」を好むようになっていたことに気づきました。

 

トレンドを取り入れて着倒すもよし、定番をゆるっと数年着てもよし。

低価格だと気軽に取り入れることができます。

 

大人から子供まで楽しめる

姉ちゃんズもそれぞれの個性で、買い物を楽しめる年齢になりました。

店内を自由に見て回ってはアレコレ合わせてみたり、組み合わせを考えながら「これはどう?」と聞いてくれました。

 

帰ってきてから、手持ちの服と組み合わせてファッションショーもしていました。最近の小学生はオシャレですよ!

 

www.kiradoro-life.net

 

これを機に、夫は服の断捨離をしました。

20リットルのゴミ袋1つ分ですが、まだまだ出そうです。私も保険を掛けて取っておいた服を捨てました。

 

ものを減らしつつ、好きなものに囲まれて、シンプルに暮らす。

これから少しずつめざしていきたいですね。

The following two tabs change content below.
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」

スポンサーリンク

Posted by