スポンサーリンク

「ヨチヨチ父」に学ぶヨチヨチ夫婦のススメ|ヨシタケシンスケ

いろいろ雑記, よしなしごと

f:id:mutchyplus_xxx:20170709070650j:image

 

先日、本屋さんでこちらを見つけました。

 

「ヨチヨチ父-とまどう日々-」は、ヨシタケシンスケさんの作品です。

 

あとがきによると、「月刊赤ちゃんとママ」に連載されていたイラストエッセイに、描き下ろしを加えてまとめたものだそうです。

大人向けの絵本ですね。 

 

何年経ってもヨチヨチ夫婦でいいんだよ

 

ヨシタケシンスケさん

私がヨシタケさんを知ったのは「もうぬげない」です。

 

 

シンプルなイラストに、添えられた手書きの文字。

 

作品の雰囲気は一言で表現するとシュール。

ほんわかしたり、クスッとしたり、時にはちょっと考えさせられたり。こちらに限らずヨシタケさんの作品は、子供も大人も一緒に楽しめるものばかりです。

 

「なつみはなんにでもなれる」もかわいいですよ!

 

 

夫との外出先で長女が見つけてきました。

 

 

何でこれ・・・絵本だよ?

 

 

お母ちゃんなら、この本の良さをわかってくれる!

 

 

 

私と長女は、ヨシタケ作品が大好きです。

 

ヨシタケさんの視点から語られる父の姿

飾り気のない、素朴でありのまま、大半戸惑い(笑)

私はもちろん母ですけど。これまで11年間見てきた夫の姿を思い出しては、最後までニヤニヤが止まりませんでした。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170713114547j:plain

長女生後10日ほど、必死の沐浴。

 

育父本というか、育父日記かな?

日常に目一杯詰め込まれたミッションをこなすうちに、気づいたら父親になっていく男性がかわいくて仕方ありませんでした。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20170713113650j:plain

窓越しの撮影なので、アレですが。

長女3歳、夫に雪だるまを作ってもらってる。極寒でも帽子をかぶらないのが夫クオリティ・・・嘘、頭が大きくて帽子がかぶれない。

 

私は年の差三姉妹を育てています。

2歳差の姉ちゃんズを気合いで育ててきて、もうすっかり通り過ぎてしまった時間と。次女から7年もあいてしまって、割と新鮮な気持ちで今また繰り返している時間と。

 

だからリアルにイライラもわかるし、そうだったと思い出しても笑えます。贅沢な経験ですよね、お得感たっぷり。

 

もう1人産まれてくれたなら、怒らずにのびのびと育ててみたい。

もっと話の聞ける母でありたい。

 

そんなことを思っていたはずなのに・・・無理でした。だからといって卑下するものでもなく、私は私でしかないし、そのままでいいと。

 

男性から見たら、一気に逞しく図太くなっていくように見える女性だって、必死に母になっていきます。

でも全然うまくいかないことばかりの「ヨチヨチ母」なんです。

 

そう思ったらゆるゆると肩の力が抜けますね。

 

13回目の結婚記念日を迎えて

今年、私たちは13回目の結婚記念日を迎えました。

f:id:mutchyplus_xxx:20170709070659j:image

 

お祝い代わりのアイスは、家族みんなで。

 

いろいろなことがありました。

沈み込んだ心が、今やっと軽やかになってきたことがわかります。素直に「おめでとう」の気持ちでいられるのは、6年振り。

 

長い付き合いになったのにまだまだ、そしてきっと一生ヨチヨチ夫婦。 

これからもヨチヨチやっていこうか?頼むよー

The following two tabs change content below.
北海道の三姉妹お母ちゃん。借金背負った夫と、小学生の姉ちゃんズ、難病で生まれた三女。人生いろいろあるけれど、トライアンドエラーで笑って生きていくんだ。ネジ巻き直して「よーい、どん!」

スポンサーリンク

レビュー

Posted by